交通事故の被害

交通事故15

交通事故にあったとき、どのような問題と向きあって行けば良いのでしょうか。

事故は実際にみなさんに無関係なことではなく、いつ起こるか判らないことなので、いつでも起こった時のことを想定しておく必要があります。事故に巻きこまれて、被害者になってしまう可能性もあります。

そのとき、やっぱり早く弁護士に相談するモチベーションが正しいのではないでしょうか。

実際に、このような問題は、法律の知識をしっかり持っている人たちなら、弁護士抜きということも想定することが出来ます。しかし、実際にそのような人たちがどの程度いるのでしょうか。加害者との示談がこじれてしまって、裁判にもつれ込んでしまったという場合において、損害賠償は、弁護士をつけない本人訴訟というケースもあります。

しかし、ここには大きなデメリットを抱えているのではないでしょうか。最近の事故のパターンをしっかり理解すれば、本人訴訟は、相当なリスクだということが判って来ます。事故には、加害者がいて、加害者と、実際に被害者が向きあうということではなくて、大抵は保険会社の交渉専門の担当員ということになり、彼らは法律、事故のプロフェッショナルということが出来ます。

そのような人たちは、自分の会社が出来るだけ支払いをしないで済むためにはということをいつも考えています。そのような人たちと向きあうのですから、生半可な法律の知識程度で対抗出来るはずはありません。更に続けましょう。

参考サイト:交通事故の発生から示談までの流れ | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所https://www.ko2jiko.com/flow