交通事故に遭ってしまった場合の弁護士のメリットについて考える

弁護士費用の相場

Permalink

交通事故に遭ってしまったとき、弁護士に相談するのなら、弁護士費用の相場はどの程度なのでしょうか。相場について気にするのもとても大事なことではないでしょうか。弁護士費用は現在、自由に費用を設定することが出来ますので、高い法律事務所もあり、安い法律事務所も見付けることが出来るかもしれません。

その前に、相場を知り比較するモチベーションも大事です。いろいろとまだお話ししなければならないこともありますが、法律相談料の相場については、30分5000円と言われています。

ただし、いろいろな法律事務所を比較すれば、現在、無料で相談を受けているというケースも段々と多く見受けられるようになって来たので、そのようなところに相談するのも方法ではないでしょうか。まずは、法律事務所を敷居の高い場所と誤解しないことが大事ではないでしょうか。

着手金の場合、示談交渉では、だいたい10万円程度が相場と言われています。訴訟の場合には、事件の経済的な利益の額によって異なり、旧弁護士報酬基準にもとづいた算定方法によれば、300 万円以下という場合 経済的利益の 8%であり、300 万円を超え 3000 万円以下の場合には、 5%プラスして9 万円であり、 3000 万円を超え 3億円以下の場合 3%プラス69 万円となり、3 億円を超える場合 2%プラス369 万円です。

報酬金の場合も、旧報酬基準にもとづき、事件の経済的な利益の額によって異って来ます。

弁護士費用

Permalink

交通事故に遭ったとき、相手の保険会社と交渉する必要があり、示談というとき、いろいろデメリットもあるかもしれません。だから、多くの人たちは、弁護士に示談交渉をお願いするようです。弁護士にお願いすれば、示談金をアップさせることが出来ますし、面倒くさいと思えるような示談交渉を弁護士が全部してくれることになります。

ただし、弁護士にお願いするとなれば、弁護士費用がかかることもデメリットとして考える必要があります。どの程度弁護士費用はかかるものでしょうか。弁護士費用を安く抑える方法などあるものなのでしょうか。そのあたりのことも考えてみましょう。

交通事故の弁護士費用の種類には、まず、法律相談料があります。法律相談料は、弁護士に交通事故の問題を相談するときに既にかかる費用を言います。まずは、弁護士と向きあうとき、相談という形からスタートすることになります。

次には、着手金のに支払いがあります。着手金とは、弁護士に事件を依頼する際、当初にかかる費用です。次に、弁護士に依頼をすれば、報酬金と向きあうことになります。報酬金とは、事件が解決したときに、その解決内容に応じてかかってくる費用です。更に、弁護士費用は日当、実費などの支払いがあります。

交通事故の被害

Permalink

交通事故にあったとき、どのような問題と向きあって行けば良いのでしょうか。事故は実際にみなさんに無関係なことではなく、いつ起こるか判らないことなので、いつでも起こった時のことを想定しておく必要があります。

事故に巻きこまれて、被害者になってしまう可能性もあります。そのとき、やっぱり早く弁護士に相談するモチベーションが正しいのではないでしょうか。実際に、このような問題は、法律の知識をしっかり持っている人たちなら、弁護士抜きということも想定することが出来ます。しかし、実際にそのような人たちがどの程度いるのでしょうか。

加害者との示談がこじれてしまって、裁判にもつれ込んでしまったという場合において、損害賠償は、弁護士をつけない本人訴訟というケースもあります。しかし、ここには大きなデメリットを抱えているのではないでしょうか。最近の事故のパターンをしっかり理解すれば、本人訴訟は、相当なリスクだということが判って来ます。事故には、加害者がいて、加害者と、実際に被害者が向きあうということではなくて、大抵は保険会社の交渉専門の担当員ということになり、彼らは法律、事故のプロフェッショナルということが出来ます。

そのような人たちは、自分の会社が出来るだけ支払いをしないで済むためにはということをいつも考えています。そのような人たちと向きあうのですから、生半可な法律の知識程度で対抗出来るはずはありません。更に続けましょう。