弁護士費用

Permalink

交通事故に遭ったとき、相手の保険会社と交渉する必要があり、示談というとき、いろいろデメリットもあるかもしれません。だから、多くの人たちは、弁護士に示談交渉をお願いするようです。弁護士にお願いすれば、示談金をアップさせることが出来ますし、面倒くさいと思えるような示談交渉を弁護士が全部してくれることになります。

ただし、弁護士にお願いするとなれば、弁護士費用がかかることもデメリットとして考える必要があります。どの程度弁護士費用はかかるものでしょうか。弁護士費用を安く抑える方法などあるものなのでしょうか。そのあたりのことも考えてみましょう。

交通事故の弁護士費用の種類には、まず、法律相談料があります。法律相談料は、弁護士に交通事故の問題を相談するときに既にかかる費用を言います。まずは、弁護士と向きあうとき、相談という形からスタートすることになります。

次には、着手金のに支払いがあります。着手金とは、弁護士に事件を依頼する際、当初にかかる費用です。次に、弁護士に依頼をすれば、報酬金と向きあうことになります。報酬金とは、事件が解決したときに、その解決内容に応じてかかってくる費用です。更に、弁護士費用は日当、実費などの支払いがあります。